カメラ&ムービー情報サイト『サツQ!』byテイクムーヴ

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラでの動画撮影に挑戦

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラでの動画撮影に挑戦


一眼レフカメラ・ミラーレスカメラでの動画撮影に挑戦しよう!

街中で、ミラーレスカメラや一眼レフカメラを首から下げている女子を見かけることがあります。

今の時代、誰もがカメラ付きのスマートフォンや携帯電話を持っていますよね。
iPhoneだけでなくカメラの性能に磨きをかけたスマートフォンが続々登場していて、写真を撮るだけなら充分です。
それでもあえてスチルカメラを持ち歩く理由は、何か面白い物を撮影しようと周りを観察する楽しさに、 被写体のアングルや絞り、フォーカス、シャッタースピードそしてレンズを換えるなどを駆使して様々な効果を表現する楽しさ。
そして自らの手で「いい写真が撮れた」と喜べる瞬間に巡り合うことが写真撮影の魅力なのでしょうね。

そんな魅力に惹きつけられた方が、普段から写真撮影を楽しむためにカメラを持ち歩いていると思いますが、 もしそのカメラに動画撮影機能が備わっているのであれば、折角ですから是非そのカメラでムービー撮影も楽しんでみて下さい。

なぜデジタルカメラで動画撮影をしないの?

なんでスチールカメラの動画機能をつかわないのか?


デジタルカメラの動画機能を使っていない人に、なぜ動画の撮影をしないの?と聞くことがあります。

すると大体次の様な意見が返ってきます。

「デジカメの動画機能ってオマケみたいなものでしょ」

とか、

「動画を撮影するなら、ビデオカメラの方が綺麗に撮れるんじゃないの?」

とか、

「一眼カメラで動画撮影なんて難しそう」

などです。

ちょっと待って!
確かに、ひと昔前のデジタルスチルカメラに付いていた動画機能は、お世辞にも優れているとは言えない物もありました。
でも、最近のデジタルスチルカメラの動画機能は決してオマケで付いている物ではありませんよ。

そのカメラで撮影した動画は、撮影の仕方によってはハンディカムなどのビデオカメラで撮るよりも、素敵な動画が撮影できてしまうんですよ。

ただし、しっかりと動画を撮る事を前提とした準備をする事が大切です。

デジタルスチルカメラとビデオカメラの違いは?


「それならば動画はやっぱりビデオカメラで撮影するのが1番いいのでは?」

もちろん昨今発売しているビデオカメラの機能も凄いです。

まず、ビデオを撮影するビデオカメラは4k撮影の高画質や手ブレ制御、10倍から20倍、物によっては50倍までもズームできてしまう超望遠を売りにしているカメラもあります。

それでいて片手で持ってるコンパクトなボディ。
これらビデオカメラの機能としては、とても優れています。


それでも、あえて一眼カメラで動画を撮ることをオススメする1番の理由は、一眼カメラ特有の大判センサーとフォトレンズの表現力です。


一眼レフカメラ、ミラーレスカメラで動画撮影を奨める理由

イメージセンサーの違い

センサーとはイメージセンサーや画像センサーと呼ばれる撮像素子のことです。

下の図に表したようにカメラによってセンサーの大きさの違いがお判りいただけると思います。

カメラセンサーの比較図
一般的な家庭用ビデオカメラのセンサーサイズは1/2.3型のサイズが多いでしょう。

4K動画撮影ができるようなハイスペックなビデオカメラが増えてきましたが、 このタイプのビデオカメラのセンサーサイズだと大きくても1型サイズです。

スチールカメラでは高級コンパクトデジタルカメラが1型サイズのセンサーを使用しています。

一眼レフカメラやミラーレスカメラに搭載されているセンサーのサイズはマイクロフォーサーズ < APS-C < 35mmフルサイズと順に面積が大きくなってきますが、 マイクロフォーサーズでも家庭用ビデオカメラで主流の1/2.3センサーの約4倍の大きさのセンサーサイズです。


APS-Cなら11倍、フルサイズに至っては約30倍近い面積になります。


このセンサーサイズが大きくなればなるほどカメラ自体も大きくなり、値段も高くなっていきます。
先にビデオカメラの優れているところを説明しましたが、コンパクトなボディにズーム機能や手ブレ機能、高倍率ズーム機能を詰め込むとなると、センサーを大きくすることが出来なくなってしまうのです。

この小さなセンサーで犠牲になるのが被写界深度が深くなる(ボケづらい)ことです。

一眼レフやミラーレスカメラでの写真撮影の醍醐味の一つに綺麗なボケ味があります。
被写界深度を浅く出来て、ピントはしっかりと被写体に合わせつつ、背景などはボカシて印象的に撮影します。

この被写界深度を浅くして撮影できることの一つにセンサーの大きさが関わってきます。

この大きなセンサーを搭載した一眼レフカメラやミラーレスカメラを使って動画を撮影すれば、写真のような豊かな表現力を生み出すことができるのです。

実は映画やCM、ミュージシャンのプロモーションビデオなどでも一眼レフやミラーレスカメラを活用しているんですよ。


デジタルスチルカメラで動画を撮影する上で大切な事は?

そして、デジタルスチルカメラで動画を撮影する上で大切な事。

基本的には三脚を使うのがオススメです。
手ブレ補正がついているカメラもありますが、狙いとして手持ちを選ぶ以外は三脚は必須です。

大きな三脚だと普段持ち歩くのも大変ですのでカメラを固定するだけなら小さくて軽い三脚でも充分活用できます。


そして最後に、素敵な映像が撮影できたら、それは立派なあなたの作品です。

インスタグラムやツイッター、フェイスブックどのsnsに動画をアップロードして世界中の人々に見てもらうのも楽しみの一つです。

そのままSDカードの中だけに保存させていてはもったいないですよ。


動画撮影機能がある一眼カメラやミラーレスカメラをお持ちでしたら、是非動画撮影にチャレンジしてみて下さい。

これから一眼レフカメラ、ミラーレスカメラを購入しようと考えている方には、【2019年動画撮影が出来る人気のカメラ特集】も合わせてご覧下さい。

ページトップへ戻る